ページ

ページビューの合計

2017年1月27日金曜日

レッテルを剥がせ! 自由貿易は善で、保護主義は悪?

三橋貴明氏の指摘するとおり、トランプ大統領は、就任演説で今アメリカが取るべき唯一の政策、すなわち、国内産業保護に徹すると宣言しました。
それを賞賛せず批判にならない屁理屈を捏ねる世界のマスコミや学者~政治家~経営者の脳味噌に呆れます。

唯一の例外は、仏社会学者(歴史人口学)のエマニュエル・ドット氏です。
1月17日(木)の日経朝刊 ”視点・焦点” 面で、世界の自由貿易主義者を批判して、これからの時代は保護主義で乗り切るべきだと言い切っています。
・・自由貿易には絶対的な自由貿易しかない。しかし、保護主義にはいくつもの種類がある。馬鹿らしいものも節度あるものもあるのだ。
先進世界では保護主義と開国、つまり自由貿易が代わる代わるやってきた。 産業の発展は保護主義とともに起きた。
米国ではリンカーンが関税を30~40%にして始まった。
欧州ではドイツのビスマルクの保護主義的政策で飛躍的に成長した。
自由貿易が利益になる段階はあるが、行き過ぎると格差が生まれ、最先進国での工員の給与を抑制し、最終的に世界的な需要不足に陥る。
・・私は経営者などのビジネス人ではなく、教育階層に問題があると思う。大学と結びついた理論家が格差拡大につながる理論を主導した。
・・自由貿易は忘れねばならない。我々の前にあるのはよい保護主義と悪い保護主義の議論だ。 ・・保護主義が国家間紛争になるというのは嘘だ。保護主義は協力的で敵対を意味しない。 

同じ紙面にハーバード大学教授と独アリアンツ主席経済顧問のインタビュー記事が掲載されていますが何れも歯切れが悪く、どう転んでも言い訳できるような言い方で実質的に何も答えていません。 それに対してグローバリズムの終焉とナショナリズムの台頭、EUの崩壊やトランプ革命を必然と言い切るドット氏の炯眼と勇気に敬服します。

*タイトルは個人的感想ですv 前回の 三橋貴明 はhttps://youtu.be/D7yT2nwc8g8 5:38 トランプ政策 日本…
YOUTUBE.COM

いいね!他のリアクションを見る
コメントする

2017年1月22日日曜日

与国秀行・・平成の高杉晋作!

米国ではすでにマスメディアが国民の敵であることがマジョリティの常識となった。
1月20日、いよいよナショナリスト対イルミナティの総力戦が幕をきって落とされる。
しかし、日本の官民は依然として目覚める気配がない!


2017年1月13日金曜日

イスラエルはアメリカ帝国の前進基地・・韓国同様米国陰謀勢力が作った捏造国家!

すべて真実だと思いますが、一言付け加えるとすれば、ここで言うユダヤ人とは白人のユダヤ教徒の一部で、古代から連綿と続くユダヤ民族(非白人)の末裔ではありません。
多くはカザール人(白人)の末裔ですが、英独仏露等に一旦同化した人たちの中にも、ナチスドイツやソ連のユダヤ狩りで、改めてユダヤ人意識で結束した人たちがいます。
そういう人たちの一部が米国のアングロサクソン系覇権主義者やグローバリストと結託して米国の世論を支配するに至ったというのが実態でしょう。

ネオコンとかシオニストとか言う勢力は、その中でも最も悪辣で戦闘的なグループだと考えればあたらずとも遠からずではないでしょうか。
ロックフェラーやロスチャイルド一族にも、当然ながら善玉もいればや悪玉もいて一枚岩ではないようです。

今回のトランプ氏の勝利は、WASPがその悪玉一味から主導権を奪回した事件だと考えることができそうですが、イスラエルを拠点とする凶悪勢力をどこまで押さえ込めるかが鍵になりそうです。
米国にとってのネオコンとイスラエルは、まさに、大日本帝国における関東軍と満州国のようなもので、本国の言うことを無視して暴走しかねない鬼っ子である点が共通です。

3.11事件は自然災害ではない・・戦争である!

弱肉強食、それが国際政治の現実です。
信頼できる諸国民など何処にもいません。

私は最初からそんなことだろうと思っていました。
http://byoshonikki.blogspot.jp/2011/03/2011313.html

日本解体計画が実行された・・これもおそらく真実でしょう。
https://youtu.be/wN1YpSjIf4o?t=7m5s

2017年1月9日月曜日

トランプ勝利は、WASPの復権!

 マイノリティが大きな顔をしていられる時代は終わった!

なるほど!
トランプ氏が然るべき家柄の出で、陸軍士官学校と敷地続きのミリタリースクールで鍛えられたという経歴は知っていましたが、こういう背景があるということは、彼と同じ学校にいたことのある苫米地氏のような人でなくては判らないでしょう。
名家の師弟で、成績優秀なのに、一難があって超一流大学を断念した経歴は安倍晋三と同じですから、トランプタワーでの初顔合わせが和気藹々だったとしても不思議はありません。
ハーバードや東大こそ断念しましたが、いずれも成蹊学園と陸軍士官学校予備門というエリート養成校の出身ですから、同窓生や友人の多くが国家枢要の地位についています。

成蹊学園 http://www.seikei.ac.jp/gakuen/facility/campus/
NYミリタリー・アカデミー http://www.nyma.org/

ハーバード大学は陸海空軍の士官学校化しつつある! http://gendai.ismedia.jp/articles/-/28797 

日本でも76年前、生き残った陸士・海兵の卒業生の多くが東大や東工大に入り技術立国を目指しました。
第2次日米線は技術戦争なり!と言い続けた故山本卓眞富士通名誉会長はその典型です。 http://byoshonikki.blogspot.jp/2012/07/ww.html...

2017年1月5日木曜日

未だに米国に阿る日本の自称知識人と無責任メディア

彼らの常套句
・日米は価値観を共有している!
・日米の和解!
・日本は核武装すべきでない 

真相
・オバマ大統領の核廃絶プロパガンダは8年前にキッシンジャー等4人の戦略家が立案した偽装作戦!
・北朝鮮は防衛目的でも先制核攻撃はしないと憲法に明記して米国からも一目置かれている!
・BREXITや EU の崩壊を予言していた仏社会人類学者エマニュエ・ドット氏は、予てより一貫して日本は核武装すべきだと主張している! 

それでも奇麗事しか言えない日本人を本気で尊敬している国などどこにもない!
相手の意図を知りながら、あえて一言もそれに触れないよう蓋をし続けたらどうなるか!
国家の消滅(米国の属州化)か第2の真珠湾の2択に追い詰められるのは時間の問題であろう! 

但し、それをすべて承知の上で、
①オバマ大統領に花を持たせる序に、
②日米の自称正義漢の百害あって一利も無い善玉悪玉論争に釘を刺し、さらに③中韓の不当な口出しを封ずるという一石三鳥の妙手を打った安倍外交には満点をつけたいと思います。 

私が呆れ返っているのは、その安倍外交にけちをつけようとして、有りもしない 「内外の批判」をでっち上げて屁理屈をこねている日本の「自称良識派」メディアや 、これでは英霊が浮かばれないなどと親族でもないのに戦没者を出汁にして憚らない「自称愛国派」保守言論人です。 

まともな保守論客は、安倍外交を現実的に望みうるベストの対応だと認めたうえで、それが歴史の現実とは程遠いことをきちんと国民一般に理解させていくのは自分たち保守言論人の責任だと明言しています。  
中西輝正、加瀬英明、渡部昇一、・・。

【番 組】西部邁ゼミナール ~世界から核廃絶できるのか~ 【テーマ】MX・表現者連動企画「アメリカ帝国大混乱!!!」【3】 【概 要】全世界が生きるか死ぬかの戦いに入っている今も…
YOUTUBE.COM


オバマ神話は苦し紛れの子供だまし!

米国の国柄・・ポピュリズムこそ正しい!