ページ

ページビューの合計

2016年9月21日水曜日

70年続く国際政治の通奏低音

現在の世界政治の通奏低音は依然として、白人を頂点とする人種階層論と、嘗てそれを真っ向から否定した大日本帝国は人類史上最悪の野蛮国だったという捏造神話です。

これが通奏低音だと言う意味は、自覚的な思想信条に関わりなく、生まれ育った地域的・社会的環境の中で無意識の内に刷り込まれ、その人たちの思考の基調を支配しているからです。(注) 

例① 米国植民地支配時代の残虐行為を棚に上げたオバマ大統領の傲慢さをなじったドゥテルテ大統領の憤激
https://youtu.be/Jv1YwFVrbLw?t=10m35s

例② 米国は、日本が朝鮮人を奴隷にしたという神話を捏造して世界中に喧伝し、GHQは、在日朝鮮人を手先として利用するため戦勝国民としての特権を与えた。しかし、「今なお米軍の占領下にある日本!」の政治家はその虚構を鵜呑みにして迎合するのみ
https://youtu.be/P6eUqvYIoeo?t=25s 

この戦後レジームは、奴隷制と植民地支配で甘い汁を吸った負い目のある欧米諸国にとっては、自らの旧悪を糊塗するためには絶対に譲れない一線ですから、これに触れて生き残れた政府はありません。

この戦後レジームからの脱却という気の遠くなるほど遠大な課題に、真っ向から取り組んだ政治家は安倍晋三ただ一人です。
敵は強大で、しかも内外至るところにスパイが潜伏していますから安倍首相の言動が判り難いのも、しばしば弱腰に見えるのも当然です。 

判らなかったら、安倍晋三宛に私信を送ればよいのです。 それでも気が済まないなら、自ら立候補して辻説法をやるくらいの努力はすべきでしょう。 私自身は8年前に大手術をしてから、心身ともに自由が利かなくなってしまったので、WEB上での投稿でお茶を濁していますが、居ても立ってもいらない時は安倍官邸や安倍晋三議員事務所の「ご意見・感想」窓口宛にメールすることにしています。
http://byoshonikki.blogspot.jp/2015/08/blog-post_14.html 


(注) 個々人に問いただしても、本人も殆ど意識していないか、時にははっきり否定する通念、例えば、階層、国籍、宗教、思想・信条、家族制度、自由、平等、身分、役割、・・等々に関する態度の微妙な違いが、何かの事件をきっかけに社会全体を分断するような集団行動を引き起こすと言うことは、一般に社会学の通説となっています。 直近では、2015年1月に起きたシャルリー・エブド襲撃事件に端を発し、フランス全土で、オランド大統領を始めとする数百万人が参加した空前のデモ行進 「私はシャルリ」が有名です。 この現象を詳細に分析した仏社会人類学者、エマニュエル・ドット氏は、著書、「シャルリとは誰か?」(2015)の中で、大統領を含む参加者の誰に聞いても、本人が自覚している動機は知りえても、彼らを同時に百万人単位で同じ行動に駆り立てた衝動の背景は知り得ないと指摘しています。 その正体は本書の中でものの見事に解明されているのでここでは割愛しますが、敢えて誤解を恐れずに言えば、個々人が属する社会集団(地理的、歴史的、文化的、経済的、・・)を満遍なく覆う「空気」のようなものだと言っているようです。 その空気のように希薄で取るに足らないように思われる選好が、何かの誘引で一旦集団レベルで凝集すると、途方もない社会現象を誘発するメカニズムも同書に詳述されています。 こうした、空気を意図的に凝集させ機を見て火をつけて回るのが、謀略組織や工作機関だと言えるでしょう。

2016年9月18日日曜日

司馬遼太郎はマッカーサー史観の伝道者!

産経新聞記者として売り出した彼は途中から朝日新聞社に転職し、昭和日本暗黒史観の伝道師と化した。
https://www.youtube.com/watch?v=KDtNAryOEXc

19世紀末、英国に代わる覇権国家を目指した米国の国家戦略は、伊藤貫氏によれば、東亜および西欧における地域覇権国の台頭を許さないというものであった。
したがって、日本が日露戦争に勝利した20世紀初頭には、既に、ドイツと日本を潰すという基本戦略が確立されていた。

米国は、以来、その戦略に沿って謀略の限りを尽くし、50年後に日独を倒して覇権国となった。 https://youtu.be/_0x5Bqzu8qg?t=35m35s 
マッカーサーによるWGIPは、1905年の日露戦争終結以来続いてきた米国エスタブリッシュメントの日本抹殺計画の延長であり、突然ルーズベルトやマッカーサーがが思いついたものではなかった。

朝日や司馬遼太郎が、日露戦争までの日本を礼賛しながら、その後も一貫して最も道義的に行動した日本を、いかにも残虐な野蛮国であったかのように扱き下ろすのは、上記米国エスタブリッシュメントの対日プロパガンダに屈した結果である。

2011 年末スペシャル - 「戦後ニッポン」か?「日本」か?戦後日本総決算! http://www.youtube.com/watch?v=79HuFD8JvMg&feature=relmfu ◆チャンネル桜公式HPhttp://www.ch-sakura.jp/ チャンネル桜 より一部抜粋…
YOUTUBE.COM

2016年9月17日土曜日

天皇陛下のお言葉の真意とは?

現在の日本国憲法のままでよいのか、という問題提起だった!

日頃から、とりわけ今回のように発言を封じられておられる陛下が、叡智を振り絞って詠まれた臣民への問いかけの歌であった!

かつての日本人なら直ちにその含意を察知したでしょうが、戦後の骨抜き教育で育った私(達)は、その超婉曲なレトリックを理解できず、軽薄にも 「陛下も流石に老いには勝てないか・・」 などと分かったような口を利いていました。
目から鱗とは、まさにこのことです。

まさかそういうことだったとは、お釈迦様でも・・・!
↓こちら ★新しい動画アップをお知ら出来る「チャンネル登録」をお願いします。https://www.youtube.com/channel/UCE2tK7lgw5_ymRT7LeBgvRA?sub_confirmation=1
YOUTUBE.COM

2016年9月16日金曜日

民主主義政治(衆愚政治)の実態・・プロパガンダと大衆操縦!

先頭を行く米国の最大の成功体験は日本支配!

民主主義による解放という偽りのスローガンで自国民および他国民を欺き、他国への干渉と残虐な支配を正当化する無教養成金国家の自惚れと傲慢
https://youtu.be/_5uUlM_w0_4

米国の傀儡に甘んずる外務省が殊更に無視する米国の独善的覇権主義 !!!

オバマ大統領の傲慢とドゥテルテ大統領の憤激
https://youtu.be/Jv1YwFVrbLw?t=10m35s

日本は朝鮮人を奴隷にしたという神話の捏造
在日朝鮮人はその手先としてGHQから特権を与えられた
https://www.youtube.com/watch?v=P6eUqvYIoeo

18世紀末に始まる征服戦争を糊塗するウィルソアン・アイデアリズム
それを鵜呑みにした戦後の日本人
https://youtu.be/_0x5Bqzu8qg?t=26m40s

アメリカ帝国の終焉迫る!・・伊藤貫氏の賢察
日本は、確実に到来するこの地殻変動にどう対処すべきか https://www.facebook.com/masuteru.sekiguchi/posts/1113250662088479?pnref=story

2016年9月14日水曜日

東京大学と防衛大学・・次代日本のエスタブリッシュメント予備軍

東大卒業式と防大卒業式の実況中継は、国会中継と並ぶ NHK の三大任務である!
この三つを全国民が見比べれば、我が国の強さと弱さが那辺にあるかが判るだろう。


防大校長の気力溢れる緊張感と東大総長のKYな能天気振りは、同じ日本の最高学府の長とは思えませんが、どちらの卒業生もしっかりしています。
次代日本のエスタブリッシュメント予備軍は健在です。


防衛大学の卒業式
https://youtu.be/57UOCaeVyak?t=4m55s

日本初の自衛隊情報番組「防人の道 今日の自衛隊」の後継番組として、自衛隊や安全保障に関するテーマや取材レポートなどを、随時お送りしていきます!…
YOUTUBE.COM

東大の卒業式・・総長式辞の軽さと卒業生代表答辞の覚悟! https://www.youtube.com/watch?v=c0eAYNVz8wQ

上記ビデオはコメント不可だったので、下記ビデオにコメントしておきました。
https://www.youtube.com/watch?v=XDpz94s5rfQ&t=0s

2016年9月10日土曜日

皇室典範改正論・・黒幕は誰か?

皇室典範改正は天皇家の私事に関わるから政府が介入すべきでないと言いながら、一方で、天皇の地位と役割を定めた憲法の規定に関わるから、天皇は言及すべきでないという。

これは、国民の声(つまり、俺達マスコミが代表する世論)に従えという罠でなくてなんでしょうか。 前者であれば、天皇が個人的に何を言おうが、政治介入でもなんでもない唯の感慨ないし愚痴です。
また後者であれば、政治そのものですから、天皇の個人的希望がどうであろうと、内閣の助言と勧告に従うことになっているのですから、政府主導で決めれば良いだけのことです。  

こんな簡単明瞭なことを如何にも困難であるかのように屁理屈をこねる人たちは、学者や評論家を含めてよほど頭が悪いか、そうしておきたい不純な動機があるかのどちらかです。

憲法改正を封じる余地が殆どなくなってきたので、公選法とは関係なくマスコミ辞令による偏向委員だけででっち上げられる典範改正の方向に作戦の重点を移したのでしょう。
最近のマスコミ報道は、陛下の意向が生前譲位にあるという既成事実作りに躍起ですが、これこそ天皇の政治利用以外の何物でもないでしょう。
首謀者が米国か中国かはたまた両国支配層の結託かは判りませんが、〇〇田某がそのエージェントである可能性は否定できません。

2016年9月9日金曜日

日露ハバロフスク首脳会談で鎧兜と日本刀の交換!

その刀は、何と、昭和3年に昭和天皇の即位を記念して製作された二十振りのうちの一振りだったというではないか!
つまり、言わば戦利品の返還である!

この時期、安倍首相とプーチン大統領が、伊達や酔狂でこんなことをするだろうか。
そのことを日本のメディアは愚か米国のメディアすら一切触れないのも唯事ではない。

米国主導の戦後レジーム(サンフランシスコ講和条約体制)からの離脱宣言でなくてなんだろうか。
BREXIT に次ぐ国際政治の大変動が始まったようだ。

これからの数十年間は、日英露+真正ユダヤ、独+EU+アラブ、中、米、テロリスト+陰謀勢力、等々の合従連衡が進むだろう。

https://youtu.be/xePcwjMjqH8?t=5m10s
守るべきものと、正すべきもの。日本のために論陣を張ってきた“ガンコ者たち”が集い、時事をはじめとする様々なテー…
YOUTUBE.COM

2016年9月1日木曜日

雅楽は古代支那音楽の化石・・1300年前の再現!

雅楽は古代支那音楽の化石であり、飛鳥・奈良時代に渡来して以来、まったく変わっていない。
曲目も楽器も演奏法もまったく同じである。
1300年以上の長きに渡っていかなる編曲も改変も行われていない世界唯一の音楽である。

雅楽の本質は、生命との共振であり、メロディの妙ではない。
従って、メロディを追っても期待はずれに終わるだろう。
しかし、只管、音(和声)の流れに身を委ねてみれば、古代支那人が探り当てた絶妙な調和の世界を体感することが出来るだろう。

以上は、雅楽師、東儀秀樹氏の論文を私なりに解釈して要約したものです。
東儀氏の論文には、近年はプロの演奏家が足りず未熟な演奏者で補っている場合が多いのが残念だという指摘がありましたが、私にはその巧拙を聞き分ける素養がありませんので、多分これは本物だろうと思われる例を2つ挙げておきます。

平成二十八年 明治神宮春の大祭 浦安の舞
https://www.youtube.com/watch?v=eB3AUV9ZXrM 


ご視聴ありがとうございます。 #明治神宮 #春の大祭 #浦安の舞
YOUTUBE.COM

KAGURA Mai 神楽:浦安の舞 靖国神社2015年
https://www.youtube.com/watch?v=1ZaqVi1QH54

KAGURA is sacred music and dancing performed at shrines. There is the history more than 1,000 years. KAGURA Mai have been made in a variety of shrine even to...
YOUTUBE.COM