ページ

ページビューの合計

2016年6月28日火曜日

端倪すべからざる老大国!

動画の会話を娘に要約してもらいました。
テレビコメディの一こまだそうです。
政治・経済オンチなので訳語がおかしいのは大目に見てやってください。

大臣:外務省はヨーロッパ賛成だろう?
相手:YesとNoです。

・・・わかりずらくて恐縮です。外務省はヨーロッパ賛成派ですが、反ヨーロッパだからこそです。われわれの行政は、ヨーロッパ市場がうまくいかなかった、と確認することを願うことにおいて団結しています。だからヨーロッパに参加するのです。

大臣:何を話しているのだ?
相手:大臣。英国は少なくともこの500年間、同様の政策目標をもってきました。バラバラのヨーロッパの建設です。

・・・これまでにオランダにスペインをやりこめさせ、ドイツとフランスを戦わせ、フランス・イタリアでもってドイツをたたかせ、フランスにドイツ・イタリアをやりこめさせました。「分断と統括」を繰り返してきたのです。今更なぜそれを変える必要があるでしょう。これほどまでにうまくやってきたというのに。

大臣:歴史に学ぶわけだな。
相手:その通りです。それが、現在の政策です。

・・・われわれは壊すため、中にいる必要があります。外部からの破壊も試みましたがうまくいきませんでした。だから、いま内側からすべてを滅茶苦茶にしてやるのです。(←'make a complete pig's breakfast of a whole thing')
ドイツとフランスをいがみ合わせ、フランスとイタリアでいがみ合わせ、イタリアとオランダをけんかさせれば、外務省は大喜びですよ、かつてのように!

大臣:理想のヨーロッパはわれわれにゆだねられていると。
相手:まさしくそうです。大臣。フフフ。

大臣:しかし、加盟国が増えるのは好ましくない。
相手:同じ理由ですよ。

・・・まさに国連のように、加盟国が多ければ多いほど議論がまとまらず、一層無力で役立たずになるのですから。

大臣:ひどい皮肉だ。
相手:われわれはそれを外交と呼んでいます。

https://www.facebook.com/britishcommonwealth2/

2016年6月25日土曜日

英国のEU離脱決定・・老大国の強かな戦略!

これは私の独断と偏見ですが、仏とBenelux3国という第2次大戦の戦勝利得国が、独をホロコースト神話で政治的に隷属させ、英国を米国から引き剥がして欧州連邦という虚構の大国を構築しようとする姦計が崩壊したということです。 したがって英国にとっては快挙であり、EUの実質崩壊は、独にとっても仏への謂われ無き隷属状態から開放されるチャンスが到来したことを意味します。

第2次大戦の実質敗者かつナチスの協力者であった仏とその尻馬に乗ったBenelux3国が、欧州の盟主を僭称するのは、中国とその尻馬に乗った朝鮮が東アジアの盟主を僭称するのと全く同じ構図です。
 前者はド・ゴールのレジスタンス神話捏造、後者は毛沢東の抗日戦神話捏造による虚構の戦後体制を既成事実化しようとする謀略ですが、何れもその裏には米国の世界支配戦略があったことは謂うまでもありません。

これで、トランプ大統領が実現すれば、グローバリズムの名の下に国民国家の主権を私企業が簒奪しかねない世界政府の企みも崩壊するでしょう。

プーチンが強いEUを望むと言っていたのは、英国を米国の(デビッド・ロックフェラーを盟主とする)グローバリストから切り離しておきたいからですが、既に(反グローバリズムを掲げる)トランプ陣営とは接触を開始しているそうです。
https://youtu.be/fYroc36fQZQ?t=22m40s

さらにその裏には、数年前のビルダーバーグ会議に於けるデビッド・ロックフェラーの失脚とロスチャイルドへの交代、ロスチャイルド家当主のプーチンや徳川宗家との接触など、無視できない動きがあります。 ご存じないかもしれませんがロスチャイルド家は英王室の忠実な藩屏であり、徳川家とは幕末以来の親交があります。 ことによると国際関係は150年前の構図に戻る可能性すらあります。
日・英・露枢軸が形成されつつあると言う高山正之氏の指摘も故なしとしません。
https://www.youtube.com/watch?v=RgK9YU9EJ9o

NHKスペシャルの番組公式サイトです。
WWW6.NHK.OR.JP

2016年6月24日金曜日

元先輩社員の訃報・・秋草直之さんの思い出

去る6月18日、元富士通会長秋草直之氏が都内の病院で死去した。
秋草さんと始めて会ったのは、入社2年目(1965)にデータ通信技術部(川崎工場)で銀行オンラインシステム開発プロジェクトに配属され基礎調査やトイモデル(Toy Model)の机上試作をやっていた頃のことだ。
技術部にはバッチ処理の専門家がいないので、丸の内の本社から第一人者として来て貰って1時間ほど質疑応答に応じて戴いたのが最初の出会いである。
班長(プロジェクトリーダ)だった山村先輩(後の加藤栄護専務システム本部長)が、「なかなかいい男だなぁ・・」 と褒めていたことを覚えている。
私とは一つ違いだったが、2年浪人して入社した私にとって、入社4年目で3年先輩の彼は、仰ぎ見る存在だった。

その後も、システム本部時代、富士通総研時代を通じて直属の部下になったことはないが、何かと関わりがあった。私がプロジェクトリーダとして開発したアプリケーションパッケージ(APFS)にはどちらかというと批判的だったが、その残党に開発させた信用組合向けアプリケーションソフトを彼の所管する農協プロジェクトに転用しないかと社内有償取引を持ちかけた時は、前例が無いにも関わらず、上機嫌で応じてくれた。
そのとき彼が言ったのは、ソフト開発をビジネスとして考えるべきだということだった。
後年彼が社長として推進したソフト・サービス事業シフトは、その頃から、いやそれよりずっと以前から彼が折に触れて主張していた持論だった。

富士通のソフト・サービス事業に対する私の意見は、飽くまでも一時的収益事業の一つに過ぎず、①「問題児」、②「花形」、③「金のなる木」、④「負け犬」のカテゴリーで言えば、②または③であって、いずれ④に陥る運命は免れないというものだ。
富士通の将来は、飽くまでも、①問題児(シーズの研究開発)に如何に注力するかに懸かっているというのが私の確信である。
これは、流通・公共サービスから出発した彼と、技術部から出発した私の見方の相違だろう。

その秋草さんと職場以外で会ったのは2度だけである。
1度目は妻と結婚した73年ごろ、2人でちょくちょく出かけた横浜元町の陶器店で、ベビーカーを押しながら店内を見て回っているご夫妻とばったり出くわしたときだ。
2度目は、富士通総研時代、中国社会科学院との共同プロジェクトで北京のホテルに一泊した時のことだ。この時はちょうど富士通が人民大会堂を借り切って総合展示会を開いていた時期と重なり、富士通側の責任者として滞在していた彼と、エレベータの出口で、これまたばったり出くわすことになった。
そのときの彼は、テニスラケットを抱えており、中国政府の要人とテニスをやってきた帰りだと言っていた。
当時、仕事での関係は、私は富士通総研の取締役、彼はお目付け役の評議員の1人だった。
あれから既に20年以上経つ。

謹んでご冥福を祈ります。

2016年6月10日金曜日

昨今思うこと・・命の衰えたるかな!

この1~2年は、年一回東京での同窓会にバスとJRを乗り継いで行ってくるくらいは出来るようになりましたが、一方、視力と聴力が急速に衰え、テレビは事実上視聴不能、新聞・書籍を読むのも難行苦行になり始めました。

20年前だったら既に廃人でしょうが、PCのお蔭で世の中の様子は何とか知ることが出来ます。しかし、それが人生にとって吉か凶かは何とも言えません。
少なくとも死ぬまで肝心のことから気を逸らさせる麻薬が一つ増えたことは確かです。 

15年で1000倍(私が富士通に在職した30年間に実際に1,000,000倍になりました!)に伸び続けているITCの余力をどんな効用で埋めるかは、ソフトウエア(プラットフォームとアプリケーション)次第ですが、新技術は、殆ど例外なく、遊び→犯罪→軍事利用→大衆利用→政治利用、という経過を辿ってきました。
スマホ世代が30年後にどんな環境にいても驚きません。 http://members3.jcom.home.ne.jp/sekiguchi_prof/ryakureki/keiyu99.6.html

それにつけても、1905年に発表された一般相対論が未だに検証過程にあるということは、この100年間に大したブレークスルーは無かったということですから、15年で1000倍(3年で4倍)というムーアの経験則が早すぎるとは言えないでしょう。
余命のあるうちに、アインシュタインを超える次の100年もの大理論の登場を見たいと思う今日この頃です。

『現人神の創作者たち』(1983)・・山本七平畢生の名著

いつもながら松岡正剛氏の書評は的確です。
http://1000ya.isis.ne.jp/0796.html

これを読むと私たち戦後育ちの日本人が、如何に江戸時代に蓄積された知的資産に無知かつ不勉強であるかを思い知らされます。
こういう教養を欠く知ったか振りの唱える 『万世一系の天皇』 論がいかに浅薄・独善的かつ危険なものであるかがよくわかります。

例えば、徳川政権の正当性を論ずることが、必然的に天皇の正当性を論ずることに繋がり、水戸光圀による大日本史編纂事業を経て、尊王思想という大政奉還や倒幕のバッケボーンを形成していくという逆説的な展開には目から鱗が落ちる思いがします。

とくに、江戸初期から “天皇を諌める天皇主義者の思想” の底流があり、それが幕末の尊王思想における 『ありうべき天皇』 という見方に発展した、・・という説明にはまったく同感です。
これあればこそ、西郷隆盛や山岡鉄舟による明治天皇の人格教育もありえたと得心できます。
天皇を今日見るような理想的な君主に育てたのは江戸武士のエートスだったということでしょう。
http://byoshonikki.blogspot.jp/2014/12/blog-post_25.html
http://byoshonikki.blogspot.jp/2013/04/blog-post_17.html

2016年6月1日水曜日

団塊主婦のホームページ事始め

妻が1~2年前からボランティア仲間のご婦人方とパソコン教室に通い始めたのは承知していましたが、当初はあまりにも初歩的なことを聞かれるのでうんざりしていました。

ところが最近は聞かれても知らないようなことばかりなので別の意味でうんざり気味です。
何しろ7年前に始めた私自身のホームページはまったくの手作り、ブログは当時グーグルが提供していた最も単純素朴なテンプレートを使っていて、その後のグレードアップ提案を無視し続けていますので、最近の超煌びやかかつ便利この上ない大道具・小道具も目障りなだけです。

今日は散歩から帰った途端にひとくさり出来映えの自慢話につき合わされました。
馬子にも衣装・初心者にもツール!
団塊老女の手習いとて、莫迦になりません。
http://kabenn526.web.fc2.com/jamu_mokuji.html 

一昔前は、ジャムといえばマーマレードジャム或いはイチゴジャムが定番でしたが 最近では果実、果物、野菜等のさまざまなジャムが 店頭に並ぶようになっています。 我家では、以前からマーマレード、柚子ジャム等いろいろな フルーツのジャムを作って楽しんでいます。 家族や友人にも大好評。 朝食には欠かせなものとなっています。 おいしくて、簡単にできる手作りジャム 紹介します
KABENN526.WEB.FC2.COM