ページ

ページビューの合計

2011年9月26日月曜日

合ハイ写真が朝日新聞 "サザエさんを探して" に掲載される。


私のホームページ 『一期一会・・・Our Eternal Moment』 の 『追憶十話・・・その3』 に載せたお茶大との合ハイの集合写真が、朝日新聞 "サザエさんを探して" の担当記者の目に留まり、2010年9月25日(日)の朝日朝刊に掲載された。

以下は、私のもう一つのブログ 『50年前の今日の日記・・・60年代駒場の一期一会』 2011年8月7日の記述 『1961.6.26(月) 近くのH嬢より遠くのお茶大生? 』 からの引用である。


・・・4限は黒川らと共にサボり、美作、武藤と4人でお茶大の女の子達との相談に出かけた。 渋谷でコーヒーを飲みながら 1時間ほど駄弁った後、新宿中央口へ出かけた。 30分ほど待たされた後一緒になり、またコーヒーやソーダを飲みながら話をした。

結局、もっと資料を集めなくてはと、鈴木、長沼の両嬢&黒川、武藤の4人と共に三越前の長野県出張所まで行ったが、閉店の 6時にわずかに遅れて目的を達せず、武藤と別れて 4人で東京駅まで歩き、そこの総合案内所で漸く調べることが出来た。

後は鈴木さんから美作のほうへ連絡してコースを選定して貰うことにして別れた。 鈴木さんは毎日2時間もかかる茅ヶ崎から通っているとのことであった。

東京駅へ行く途中、長沼さんが桐生に親戚がいると言ったことから野球の話までとび出し、全く世の中は狭いものだと思った。


(注1) お茶大との合ハイの記事は、昨年9月25日の朝日朝刊 "サザエさんを探して" に掲載された。 ここに挙げた4人と私の顔も映っているが、どれが誰かは言うわけにいかない・・・?

取材の依頼メールが来たのは8月末だったが、体調が悪く、2週間ほど経ってから気がついたときは原稿締め切り直前だったため電話取材で済ませた。 その時はまだ、自分が幹事役の一人だったことも忘れていたので、不得要領の結果に終わっているが、記者は、この写真に惚れ込んで是非載せたいと言うので、私が全責任を負うということで承諾した。

あれから間もなく 1年になるが、誰からも文句は来ていない。 多分、だれも読んでいないからだろうと思っていたら、10年前に前立腺癌で全摘手術を受けたあとずっと経過観察を受けている執刀医から、"あれは関口さんですか" と言われてびっくりした。 まだまだ ネットより新聞や TV の影響力の方が圧倒的に大きいことを痛感した。 facebook 時代になってこれが変わるかどうか、予断は出来ない。

(注2) 鈴木さんから 2時間かけて通学していると聞いて驚嘆したが、後年、私自身が選りによって茅ヶ崎に住み、3時間かけて千葉市にある東京情報大学まで通勤することになるとは・・・ 隔世の感ありと言うしかない。

(注3) 桐生と野球の話が出たのは、昭和30年(1955年)の春の甲子園で浪商との決勝戦まで勝ち進み、0対0で延長戦に縺れ込んだ末、浪商坂崎の劇的さよなら本塁打を喫し、1対0で惜敗したばかりだったからだ。
当時、桐生高校への入学が決まっていた私達は、連日登校し、講堂で NHK 取材班の報道に興奮していた。 準優勝旗を持って桐生駅頭に立った今泉-田辺バッテリー以下、TVで すでに顔を知っていた先輩達を尊敬の目で見守ったものだ。 入学後、修学旅行の日程を急遽変更して甲子園にかけつけ、最後まで応援して帰ってきた 3年生 300人余との対面式では、私が新入生を代表して挨拶することになった。
"・・・私達は、桐生と甲子園に遠く離れていましたが、共に桐高ナインを応援することで、同じ桐高生としての誇りを感じていました・・・"

2011年9月11日日曜日

揚げ足取りが出世の条件?

相変わらず、政治家の "問題発言騒動" が続いている。 私から見れば発言自体が問題なのではなく、片言隻句をとらえて政府を攻撃し、徒らに政治を麻痺させることに狂奔するマスコミ人種の方が遥かに無責任である。

今回の経産相辞任劇で言えば、彼の大臣としての無能さを論ずるのでなく、まだ就任したばかりで何も判らないはずなのに、やれ"次元が低い" の "福島県民の気持ちを逆撫でした" のと "人格" を問題視して騒ぎ立てる人々はよほど有能で高潔な人格の持ち主ばかりなのだろう。 私はクリスチャンではないので表現に多少の誤りがあるかもしれないが、"汝らのうち罪なき者、石もてこの女を打て" とキリストが言ったとかいう故事を思い出す。

それほど言うなら自分が立候補すればよい。 しかし、こうした安全地帯からの揚げ足取りで、一人でも多くの閣僚を辞めさせることが業界における出世の条件だとすれば、まさに人類史上最悪、最卑劣、最無責任な職業集団だと言うしかない。 もし彼らの背後に黒幕がいるとしたら真の悪人は彼(または彼ら)だと言うことになる。

世間を徒らに騒がせることによって、政治を麻痺させ、実際に、当の福島県民の気持ちを踏みにじっているのは、いったい何処の誰だろう。 "福島県民の気持ちを逆撫でした" といって経産相を非難する彼らに良識ある福島県民の本当の気持ちが分かっているのだろうか。