ページ

ページビューの合計

2018年2月14日水曜日

非常事態宣言の法的根拠(私論:この理屈で押し通せばよい!;)

日本国憲法と国防軍の保持は両立するか?
答え: 両立する
理由: 『日本国憲法』は、諸国民が善意と信義に基づいて行動する場合に限って適用されることになっている。
従って、敵意と虚偽に基づいて行動する国がある場合、その国に対しては適用されない。
対策: 『日本国憲法』、『皇室典範』 と並ぶ『国防基本法』 を制定し、『国体三部作』 とする。
『国防基本法』 が制定されるまでの空白期間(現状)は、明らかに非常事態であるから、その間における国防施策は閣議決定によって適時適切に対処する。
以上の決定事項に関しては、国会及び最高裁で追認する。
この政治的決定は、当事者としての権限を持たず、責任も負わない憲法学者の意見には左右されない。


2018年2月1日木曜日

首相官邸に提言2件・・訪韓の是非と皇統の危機

首相官邸のご意見・ご要望窓口に、『首相にお聞きいただきたい国民の声2件』と題して下記内容のメールを送りました。
------------------------------
自己紹介(略)
・・以下に昨今の政情について、2点、申し述べさせていただきたいと存じます。

1,平昌オリンピックご出席の件
巷間さまざまな危惧が云々されておりますが、総理がそれをご承知の上で熟慮された結果のご決断に異論を唱える根拠は持ち合わせておりません。
唯、韓国が盾に取る国際儀礼と度重なる相手の卑怯な手口に憤る日本国民の自尊心を両立させるための一案として、自衛隊直属の首相専用機での訪韓をご検討いただきたく存じます。
私としては、若し拒否されたら"事情が許さなかった" ということで訪韓を取りやめ、麻生副総理を送ることで米国の了解を取るべきだと思います。
新聞では、序でに日米で文大統領に釘を刺すのだなどと報じられていますが、トランプ大統領に元売春婦を抱きつかせたような人々にそんな序でが通用するとはとうてい思えません。

2、昨今の皇室をめぐる不可解な報道について
今年、平成30年最大の問題は皇統断絶工作が本格化したことだと考えます。 私が皇室破壊工作は現実に存在すると考える理由は以下のとおりです。
女系天皇容認の論拠は護憲論者に蔓延る悪平等論ですから、旧宮家の復活だけでは解決しません。
二代に渡る皇太子妃の決定過程と今回の(譲位ではなく)生前退位の決定過程はいずれもマスコミによる既成事実化から始まりました。 次は女性天皇の既成事実化工作が始まるでしょう。 譲位でなく生前退位という奇っ怪な言葉を使い、継承に関する論議を先延ばしにしたのは、愛子内親王を皇嗣とする余地を残すための時間稼ぎだったとしか思えません。
それが実現した時、一体誰がその配偶者になるか、その既成事実化工作は既に始まっていると考えるべきです。
眞子内親王が得体の知れない男と白昼堂々と結婚することで、何でもありの既成事実が作られようとしています。
秋篠宮殿下への皇嗣継承(用語は何と言うのでしょう?)が明文化されるまでは何が起こるかわかりません。

さらに、陰謀論者の謗りを恐れず敢えて申し上げれば、巷間では東宮一家のすり替え疑惑まで拡散するに到っております。
度重なる引き篭もりや病気を理由にした異常行動や容貌の激変、さらに小和田家との異常な出入りもすり替えのカモフラージュだと疑えば限がありません。 しかし、世襲家系における偽装死や影武者へのすり替えは歴史上稀ではありませんでした。
まして、今日の皇室のように政治介入を理由に、天皇自身も政府も発言を封じられている状況で、民意を誰が代表するかと言う時に、NHKを始めとするマスメディアがそれを僭称し始めたとき、それを止めるのは誰でしょうか。
皇統の護持は我国の命運に関わる一大事です。
戦前は太政官会議や皇室会議、閣議等で忌憚の無い激論が交わされる伝統があったようですが、新憲法下ではどの組織も萎縮してしまって思考停止している中で、マスコミだけが恣意的に既成事実を作り放題になっているようです。 本当にすり替えが無いのか、これはあってはならないというだけの理由で不問に付すわけには行かない大問題です。 内閣調査室や公安警察のようなところに匿名組織を作って隠密裏にDNA検査を実施すべきではないでしょうか。 皇室のすり替え、それは日本弱体化工作のウルトラCです。
それを阻止するためには、何らかの非常手段が不可欠でしょう。

2018年1月25日木曜日

野尻湖の桟橋・・一人旅の思い出

Google で偶々見つけた画像ですが、若い頃、一人旅で出かけたときの野尻湖の桟橋を髣髴とさせる雰囲気が有って懐かしさに胸が一杯になりました。 https://50yearsagotoday.blogspot.jp/2014/07/196281624.html?showComment=1516414579136#c4494050688217914293
あの時こんな女性と出会っていたら・・、一編の小説を残していたかも知れません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、雲、空、海、屋外、水、自然

私の記憶にある野尻湖はこんなに大きくはなかったような気がしたので、いろいろ検索した結果、やはり間違いなく野尻湖のようです。
下記の空撮画像に当て嵌めて見ると、左方中段のグリーンスポーツクラブ辺りから、湖の一番奥行きの深い右手の方向を望んだ景観でしょう。
私が手漕ぎボートで往復した弁天島はモデル女性の立つ桟橋の遥か左奥(空撮画像では上方)にあるようです。 https://www.google.co.jp/maps/@36.8253315,138.2066806,3965m/data=!3m1!1e3

この辺りでしょう。中央遠方に見える山は斑尾山のようです。

さらば60年代・・西部邁の死

西部氏とは同じ頃に駒場に居たのですが、ノンポリの私は彼らの唱える左翼学生運動には付いていけませんでした。
しかし、数年前からネット上で彼の言説を目にするようになって、その後の彼が嘗てと違って随分まともなことを言うようになったなと驚くとともに、60年安保闘争世代を支えた衝動が左翼イデオロギーではなくナショナリズムだったことを再確認することが出来ました。
http://byoshonikki.blogspot.jp/2013/12/blog-post_7376.html?showComment=1510180746511#c9139009048017792071
その彼が、信念を全うして入水自殺を遂げたと言う報せに接し、わが意を得たりの感があります。
医師や家族を縛り付けている『延命優先治療』の悪習から逃れる術は、今のところ自殺しかありません。
私自身、9年前に大動脈解離で死に損なって以来、一日たりともそのことを忘れたことはありません。 http://byoshonikki.blogspot.jp/2010/11/20101119a2.html
江藤淳氏に次いで、もう一人の師表を見送ることになりました。

週刊西田では、皆様らの質問をお待ちしています。 質問はこちらからhttp://www.shukannishida.jp/qaform2.html ※人生相談も可。…
YOUTUBE.COM

いいね!
コメントする

2018年1月12日金曜日

主戦場は皇位継承ではなく皇嗣継承だった?

 譲位でなく生前退位という奇っ怪な言葉を使い、継承に関する論議を先延ばしにしたのは、愛子内親王を皇嗣とする余地を残すための布石だったとしか思えません。
秋篠宮殿下への皇嗣継承(用語は何と言うのでしょう?)が明文化されるまでは一瞬たりとも気が抜けません。
1月10日の日経記事の見出しは、『退位儀式で準備初会合』 ですが、正式名称は『皇位継承の儀式に関する準備委員会』 のようです。
日経ですらこうですから朝日や毎日がどんな印象操作をしているか推して知るべしでしょう。
3月末までにまとめる基本方針の論点は、憲法、時代性、予算の3つだと書いてありますが、これも多分記者の恣意的世論誘導でしょう。
伝統より時代性が重要なら皇室など不用です。
また宮内庁は、秋篠宮殿下が皇嗣になられたことを示す行事が必要と言っているそうですが、記事ではまったく触れていません。
あらゆるところで女性天皇容認への布石が打たれ始めています。
それにつけても準備委員会の顔ぶれが気になります。

2018年1月8日月曜日

『外患誘致罪』 と 『戦時国際法』 の周知を急げ!!

・日本国内に潜む反日勢力は既に抜け穴探しを始めた!
・反対者は 『外患』 の容疑を免れない!
・天皇と言えども適用対象外ではない?!
(『天皇は神聖にして犯すべからず』 という条項は無くなった!)

仁親王には践祚の資格があるか?
https://youtu.be/PYKNWuCg4es

GHQの洗脳教育が皇太子だけ除外して行われたなどと考える方が非常識です。
https://youtu.be/7gy2FG1Gth0



2018年1月3日水曜日

皇室破壊工作は現実に存在する!

今年、平成30年最大の問題は皇統断絶の危機です。
皇室破壊工作は現実に存在します!
女系天皇容認の論拠は護憲論者に蔓延る悪平等論ですから、旧宮家の復活だけでは解決しません。
二代に渡る皇太子妃の決定過程と今回の(譲位ではなく)生前退位の決定過程はいずれもマスコミによる既成事実化から始まりました。
次は女性天皇の既成事実化工作が始まるでしょう。
譲位でなく生前退位という奇っ怪な言葉を使い、継承に関する論議を先延ばしにしたのは、愛子内親王を皇嗣とする余地を残すための時間稼ぎだったとしか思えません。
それが実現した時、一体誰がその配偶者になるか、その既成事実化工作は既に始まっていると考えるべきです。
眞子内親王が得体の知れない男と白昼堂々と結婚することで、何でもありの既成事実が作られようとしています。
秋篠宮殿下への皇嗣継承(用語は何と言うのでしょう?)が明文化されるまでは何が起こるかわかりません。
https://youtu.be/UiH6n-vvsnI?t=49m25s

憲法改正の発議や御譲位の準備など、まさに時代の転換点となる平…
YOUTUBE.COM


マスコミが既成事実化する卑賤女性の入内
https://youtu.be/yKva7AcV95c