ページ

ページビューの合計

2017年10月18日水曜日

小池百合子の度を越したカタカナ語多用!・・団塊文化の終焉

確信犯のミーハー転がし作戦として有効だった時代がこの1年の間に劇的に終焉していたことに気が付いていなかったのでしょう。
欧米でも日本でも 『"普遍的"な団塊ミーハー文化』に飽き飽きした世代が急速に 『旧きよき時代の(19世紀的)ナショナリズムの美学』 に回帰し始めたことを(安倍さんすら!)確信できていないようです。

2017年10月15日日曜日

北朝鮮有事選挙・・世代間戦争!

「皇国ノ興廃此ノ一選ニ在リ、
・・」 有事への備えを訴える首相の声を他所に、「もりかけ」談義に没頭するテレビの異様さ!
https://youtu.be/p6If0P5SmVw?t=43m33s

日韓戦争は既に始まっている!?

在日韓国人組織のゲリラ戦準備は着々と進んでいる。
共謀罪が成立していなかったら戦わずして韓国に蹂躙されたろう。
但し、此処で言う韓国とは旧大韓民国(=朝鮮)のことです。
既に南朝鮮は国家の体をなしていませんから半島は事実上北朝鮮によってコントロールされていると考えるべきでしょう。
今の北朝鮮は明治の大日本帝国が期待した半島の独立を達成しつつあります。
本来、我国としては中国にも欧米列強にも隷従しない統一朝鮮の誕生を望んでいたはずであり、地政学の原則から見て否定すべき理由は何一つありません。
問題は、我国が嘗ての朝鮮が清国に隷従していたように米国謀略支配層に隷従していることです。
日本としては、この際、トランプ大統領や金正恩(その後ろにいるプーチンやロスチャイルド)と手を組んで対中牽制網(包囲網というのは非現実的!)を作ってしまうべきでしょう。
これにはオセロゲームのように突如として盤面が変貌してしまうような妙手を打つ必要があるでしょうが、その機は熟しているように思われます。
引用元 余命三年時事日記 強引な乗っ取り工作が功を奏し、日本を在日朝鮮人特権天国にしたまではよかったものの結果として現在は逆風が吹き始めています。 他にも重要記事をアップしています。よければ、御覧ください。 都度更新しています。 グッドボタン、コメント投稿、チャンネル登録よろしくお願いします。 陸上自衛隊 海上自...
YOUTUBE.COM

2017年9月28日木曜日

中山恭子の真骨頂!

愛国者三強の役割分担?



安倍晋三がプラットフォームを作り(日本国家)

小池ゆり子がコミュ二ティを募り(日本国民)

中山恭子がコンテンツを提示する(日本文化)



日本弱体化政策の本丸・・皇室の下賎化

【皇室の背乗りを暴く】より

これが事実ならぞっとする!

しかし、マスコミの偏向・捏造報道がこと皇室に限って存在しなかったなどということはありえない。
考えてみればWGIPの筆頭項目だったはずだ。

これが日本国民の総意に基づく日本国の象徴だと持てはやしてきた戦後日本国民の民度だった!




2017年9月23日土曜日

韓国(南朝鮮)の危険な企み

西村 幸祐氏からの緊急警告をシェアしました。

我国にとって考えうるベストシナリオは、北による南併合と、米国の北の核保有承認を前提とする日米の核シェアによる勢力均衡でしょう。
これは藤井厳喜氏の主張ですが、私の持論でもあります。
同じ朝鮮人でも北のほうが正気だと言う認識です。
トランプ大統領が失脚しないうちにやらなければ日本は終わるでしょう。
西村 幸祐フォローする
昨日 14:38
世界で何が起きているかを伝えない、危険な日本メディア
※9月23日 1:00文末に追記あり
北朝鮮核実験後の9月9日に韓国世宗研究所の南北問題第一人者の声明が、産経以外で報道されないのは異常だ。深刻な問題提起。文在寅大統領は相変わらずだが、韓国で核保有や戦術核持ち込み議論が当たり前になった。それを報じないのは非常に危険だ。
※韓国に少し詳しい人なら、1990年代の日本を題材にした韓国のベストセラー小説が映画化され記録的な大ヒットになったことを知っている。その小説は『ムクゲの花は咲きました』。韓国の原子力潜水艦が日本を核攻撃する話である。現在、韓国では原子力潜水艦の建造が米国に許可されたというガセネタが駆け回っていることも付け加えておく。
親北勢力以外の韓国人の本音は、北朝鮮崩壊後に北朝鮮の核を韓国が保有したいと思っている。まさに、基地外に刃物。日本がこの危機をどう回避すべきなのか? 選択肢は極めて限られているが、それは別稿に譲る。
http://www.sankei.com/wor…/news/170909/wor1709090037-n1.html

2017年9月14日木曜日

『戦中世代の証言』・・『無謀な戦争』という敗北思想を払拭せよ!

 ・ルーズベルトは休戦を急いでいた!
 ・蒋介石には日米を仲介する用意があった!
 ・ヤルタ協定はトルーマンのフェイクだった!
 ・終戦の仲介をソ連に依頼したのが最大の敗因!
 ・陸海軍の本土決戦には勝算があった!
にも拘らず、昭和天皇は『義』のために『耐ヘ難キヲ耐ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス』と宣言された。
非道な手段に訴えてまで勝つことを潔しとしなかったからである。
『耐ヘ難キヲ耐ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ・・』とはそういうことであった。
『無謀な戦争』という敗北思想は占領軍と売国日本人による洗脳工作の産物である!
http://byoshonikki.blogspot.jp/2016/09/blog-post_13.html 
証言者 中松義郎(通称 ドクター中松)は気違いか天才か?
・・しかし彼が只者でないことは、ドナルド・トランプが予備選に勝ったら応援に駆けつけると宣言していた事実からも窺える。
今回の『証言』を戦中派の『見果てぬ夢』と見るか、江藤淳の志を継ぐ『畢生の警告』と見るかは我々日本人一人々々に課せられた究極の国民的課題である。
http://byoshonikki.blogspot.jp/2013/08/blog-post_26.html
私自身は後者だと考えている。
 ・北ベトナムは米国を撃退した。
 ・北朝鮮も米国を撃退するだろう。
 ・当時の日本軍の本土決戦反撃力はそれ以上だった。
今日の我国も、正義を貫くためには反撃力を持つ必要がある!